腸内環境 食事

体調の悪さは腸内環境のせいかも?

 

腸内環境を意識した食事ってどんなの?

 

慢性的な体調の悩みは栄養不足が原因の1つの場合があるようです。

 

理想とする体のために食事のバランスを整え体を根本から見直してみてはどうでしょうか。

 

ダイエットといえばお腹の改善が大切になってくることは、テレビなどで特集を組まれたりしているので有名ですよね。

 

お腹フローラダイエットとは、お腹の善玉菌を増やし腸内の状態をよくしてスムーズな排便を促し、美肌や便秘にアプローチしていくというものです。

 

お腹フローラとはお腹にいる菌のことです。

 

このお腹フローラは加齢とともに悪くなり悪玉菌が増えていきます。

 

悪玉菌が増えると、便秘・太りやすい・おならが臭い・口臭がある・疲れやすい・肌が荒れるetc・・・など様々な不調が起こることがるそう。

 

そしてお腹のフローラを整えるには、乳酸菌を積極的に摂るといいと言われています。

 

乳酸菌は善玉菌の1つで摂取することで腸を酸性にしてくれる働きがあります。

 

悪玉菌は酸の発生を嫌うのでお腹を酸性に保つことで悪玉菌の増殖を抑えてくれます。

 

腸内環境のためにも、乳酸菌は積極的に摂りたい食品ですね。

 

お腹に良いとされる食事

スリムブロッカー
乳酸菌といえばヨーグルトです。ヨーグルトと一緒にオリゴ糖を摂取することで善玉菌がより腸内で活躍してくれます。

 

オリゴ糖は熱に弱いビフィズス菌を腸まで届けてくれる効果があるそうです。ですからヨーグルトを食べるときはオリゴ糖と一緒に摂ることが効果に善玉菌を腸まで運ぶことが出来るのです。

 

朝食には、バナナ+ヨーグルト+牛乳もビフィズス菌、牛乳、バナナでオリゴ糖が摂れますから、手軽で栄養も高く忙しいあさにはおすすめです。

 

ほかには、シリアルバーとヨーグルトや豆乳などの組み合わせもいいようです。

 

ランチタイムのコンビニでは

 

ヨーグルト・・・朝食べられないときは、ランチのデザートに!毎日100g程度食べるといいですよ。

 

納豆・・・納豆菌には善玉菌を増やす働きがあります。そして、悪玉菌を抑える役割も。

 

キムチ・・・・発酵食品です。乳酸菌が豊富。最近はコンビニでミニパックなどもあるのでランチタイムのお弁当に1つプラスしてもいいですね。

 

こんにゃく・・・最近は1年中販売しているコンビニおでん。こんにゃくや白滝のグルコマンナンには腸のお掃除に効果的。腸内の老廃物を排出してくれます。

 

ナッツ類・・・ナッツ類は食物繊維が豊富です。特にアーモンドはすすめ。

 

夕食のとりいれたい食品

 

納豆おくらキムチ・・・すべて刻んで混ぜるだけ。善玉菌や大豆オリゴ糖で腸まで届くお手軽1品。

 

おからハンバーグ・・・いつものハンバーグの手順でパン粉をおからに変えるだけ。
ひき肉を鶏肉にするとよりヘルシーです。
おからはスーパーでかなり低価格で購入できて栄養価も高くおすすめ。

 

ひじきの煮物・・・ひじきは鉄やミネラル、食物繊維が豊富です。

 

その他
さつまいも、ごぼう
わかめやおくらや納豆のねばねば食品
野菜のスープ
きんぴらごぼう
なども、食物繊維が豊富ですから積極的に摂るといいですよ。

 

腸内を意識した食材はコンビニやスーパーのお惣菜コーナーでも簡単に購入できるものが多いのでぜひ意識してみてください。

 

単品ダイエットや糖質制限ダイエットとは違い、体を根本から変えることでリバウンドしにくく、美肌や健康にもいいとかなり注目のダイエットです。

 

あまり難しく考えないで和食中心の生活に変え、肉類を食べときはしっかり野菜も食べること。

 

食事の基本を気にすることで違いは出てきそうです。

 

忙しくて、継続するのが難しいときは乳酸菌や酵素などをサプリメントで補っていくのもいいようです。

 

おすすめサプリ