腸内フローラダイエット

腸内環境をよくすることで、便秘の解消や、肌荒れ・くすみ・むくみ・さらには便秘にも効果があるといわれている腸内フローラダイエット!

 

そんなに効果があるならぜひ試してみたいですよね。

 

果たしてその方法はどんなものでしょうか。

 

腸内フローラダイエットってどんなもの?
そのやり方は?
実際の効果ってどうなの?

 

というところを、探ってみる(^^♪

 

まずは腸内フローラとはなに?

 

私たちの腸の中にはたくさんの細菌がいる。その細菌たちはチームごとにまとまって腸の壁に住んでいる。
それを顕微鏡で見てみると、お花畑(英:flora)のようだということで、腸内フローラと言われている。

 

 

この細菌は年齢や生活習慣、性別などによって人それぞれ違う。

 

腸内フローラダイエット

 

ざっくりいうと、腸内の環境をよくする=腸内の善玉菌を増やすといい。
善玉菌が増えると痩せ菌も増えて、お通じがよくなったりデトックス効果が期待でき
自然に痩せやすい体になる。デトックス効果があると肌荒れやくすみなどの悩みも解消できるといういいことだらけだということ。

 

 

 

もうちょっと詳しくすると・・・・

 

腸内の菌は大きく分けると3種類。

 

善玉菌 悪玉菌 日和見菌

 

この3種の菌の割合が 善玉2 悪玉1 日和見7という割合が腸には一番いい理想的な腸内フローラだという。

 

 

善玉菌
体の中でいい働きをしてくれる菌。乳酸菌やビフィズス菌など。

 

悪玉菌
悪い働きをする菌
大腸菌やウェルシュ菌、黄色ブドウ球菌など

 

日和見菌
悪玉菌と善玉菌のどちらか多いほうに味方に付く。
善玉菌についていれば問題ないが、悪玉菌につくと一緒に悪さをする。

 

ここで、ポイントなのは日和見菌は善玉菌にも悪玉菌にも変わるという性質があること。
善玉菌が多ければ善玉菌の味方に。悪玉菌が多ければ悪玉菌に味方になるので、腸内の環境を善玉菌優勢にしておくといい。

 

そういうことなら善玉菌を増やしていきたいですよね。

 

 

じゃあどうしたらいい?


 

 

善玉菌を増やすための6のお約束

 

1 朝起きたら 一杯の白湯

 

2 善玉菌が好きなオリゴ糖水溶性食物繊維で餌をあげよう(食べようという意味)

 

3 発酵食品も必須アイテム 

 

4 軽い運動をしよう

 

5 脂っこいものは避けて、悪玉菌を増やさないようにしよう

 

6 おやつには砂糖の少ないものを選ぼう

 

善玉菌の多い食品

 

 

発酵食品
ヨーグルト・・・乳酸菌やビフィズス菌など腸にいいとされている善玉菌が豊富。毎日摂りたい食品です。
納豆 ・・納豆菌は熱を加えても壊れないうえ、多くの栄養を含む優秀食品
甘酒・・・飲む点滴ともいわれている甘酒。米麹から作られたものと、酒粕から作られたものがあります。どちらを選べばいいかと言えば、米麹から作られた砂糖不使用の甘酒です。
ぬか漬け・・・生の野菜よりも栄養豊かに!

 

他には、キムチ・らきょう・いかの塩辛・ピクルス・味噌・醤油など。

 

水溶性食物繊維を多く含む食品
・アボカド
・ごぼう
・オクラ
・モロヘイヤ
・きのこ類
・海藻類
・納豆
・にんにく

 

 

 

オリゴ糖を多く含む食品
・バナナ
・きな粉
・玉ねぎ
・ごぼう
・豆類
・アスパラ

 

腸内フローラダイエットのその効果は??

 

腸内フローラダイエットって調べてみると、バランスの良い昔ながらの日本の食卓を再現し、おやつ(ジャンクフードや砂糖の多い食品を避ける)に気を付けて軽く運動をする。

 

これが出来たら絶対痩せるんだろうな・・・と思いました。
健康にもよさそう。

 

今までに実践してきた方たちのブログなどを見てみてもお通じがよくなった。痩せたという声は多いです。

 

なあんだ!簡単じゃーん!と思いがちですが、毎日これらの食品を摂るのって意外と大変!
ですからサプリメントを上手に取り入れて取り組んでいくのが、長く続けられる秘訣なのではないでしょうか・・・。